文書資料

2022.1.22 散らされた弟子 - 一つ目のキャンプ-ただ

文書
Date
2022-01-22
Views
971
「ただ」のキャンプ - 散らされた弟子たちがすべき最初のことだ。

使1:1-8イエス様が「ただ」、他のことではなく「しかし(ただ)聖霊があなたがたの上にに臨まれるとき」と言われた。

▣ 序論_ 中国を生かす「ただ」が必要である。

1.中国が必要とする福音を話さなければならない。

1)宗教団体

2)教権団体

3)理念団体

▷ これらは必要ない。中国を生かす福音を必要としている。

2.中国福音化(1位) - 世界福音化

 中国福音化が世界福音化となるように私たちは献身しなければならない。中国語は世界で一番使われている言語である。「ただ」を見つけ出さなくてはならない。

3.中国は神様の祝福を受けるのである。


▣ 本論

1. 「ただ」の始まり(オリーブ山)- オリーブ山で起こったキャンプ

1) キリスト - 法を全く犯さずにキリストが現れ、キリストであることを証明された。

2)神の国 - キリストが40日間、神の国を説明された。

3)聖霊 - 聖霊の満たしを受けるように説明された。

▷ これから中国で正しい福音を伝えるなら中国が喜ぶだろう。すると、入っているおかしな団体が妨げてくるだろう。キリストがオリーブ山に集めて、この国に神の国が臨むよう、「ただ」聖霊を説明されたのである。

2. 「ただ」の内容(マルコ)- マルコの屋上の間で起こった内容

1)三位一体の神様‐三位一体の神様が臨む働き(使1:1、3、8)

2)使1:14 - この契約を持つ者たちが集まり答えが起こった。

3)3つの祭り - そこに3つの祭りの働きが起きたのだ。

▷ これが中国の地に必要なことだ。

3. 「ただ」の未来(みことば)- マルコの屋上の間に参加した人々に神様がみことばをくださった。

1)夢 - そこで夢を植えられ

2)幻 - 幻を見て

3)預言 - 預言したのだ。

▷ このようなメッセージが伝達されたのである。中国が世界福音化の主役となるように祈らなければならない。中国には「ただ」福音だけが必要であり、他のことは必要ない。他のことはしてはならない。ならば、戦略も多くのことを修正しなければならない。

▣ 結論_ 遠い未来を見なさい。

 313年  コンスタンティヌス(250年)-キリスト教を国教として宣言した。この間が250年かかった。ある日、中国でこの福音を思う存分伝えられる時刻表が来る。

▷ 中国は世界でとても重要な国だ。神様の祝福を受けなければならない国だ。あの国が世界福音化する主役とならなければならない。私たちは「ただ」を持って、献身しなくてはならない。来週は中国で起こる唯一性キャンプを見る。
Scroll to Top