文書資料

2021.10.02 産業宣教 - あらかじめ、いやすべきこと (マタイ 6:33)

文書
Date
2022.01.29
Views
1003
要約

▣ 序論―傷+心、考え、精神+霊的問題

自殺する人々を見てみると大きな傷を負った人々がたくさんする。自殺は心、考え、精神が弱い人々に多く見られるが、ここに霊的問題が襲うのだ。

1. 落胆していて普段死にたいと考えている。

2. 混乱状態に陥っていて、人々が自分を苦しめると言ったり、悪霊が見えるとも言う。

3. 決断をするときに死をもって復讐するという強い動機を持っている。

▣ 本論

1. 霊的な病(人に言えない隠れた問題)に勝てずに来るもの。

1) 始まり - サタンが人間を占領した。

2) 過程 - 偶像つまり、答えにならないもので苦しめられた。

こうしていると、未信者の状態に陥るしかない。

3) これが家系を通して個人に来ている状態。

2. いやしの前にあらかじめすべきこと。その人の特徴をキャッチ(Catch)すべきだ。

1) 憎しみで満たされている。(マタイ5:24 礼拝の前に憎しみから解決しなさい)

2) 赤ん坊の水準のようでとても肉的。

3) 恨みが多い。

この人は社会適応が難しい。

3. 実際のいやしが重要。

1) 環境のいやし(家族から力を得るようにしてこそ、この人を助けることができる。)

2) 霊的問題を持つ人々が自ら解決できるシステムがない。「私、生きなければ」と思ったときに、それをできるシステムがなければならない。

3) 幼い時に予防教育が必要。

▣ 結論_ この人たちの面倒をみてあげられる集中システム

1. 教会システム24

 教会にきて、リラックスして力を得ることができるシステムがなければならない。一番重要なのが資料、施設。

2. 特別団体24

3. 非対面のいやしシステム24

 一番多くの重きをおいていること。あるチャンネルやサイトにいけば、続けてみることができるようにする。
Scroll to Top