文書資料

2021.10.02 伝道学 - 237をいやした人々 (ヨハネ 1:11-12)

文書
Date
2021-10-02
Views
516
光として来られた(ヨハ1:9)」、12節には「この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子とされる特権をお与えになった」、これはものすごいメッセージだ。

どのようにするのかに従ってみわざが起こるようになる。

▣ 序論_ 237をいやす条件

1. 福音が正確であれば、御座の背景が現れるため、237が可能だ。

2. この福音をどのように伝達したのか、というメッセージは現場を背景とする。

3. メディアは世界化の背景だ。

▣ 本論_ 証拠

1. RT 7 ― 福音、メッセージ、メディアを備えること

▷ 契約、福音を備えており、これを現場に投げかけることができる絶対条件があった。それが、メディアとなったのだ。


奴隷 捕虜 属国 流浪の民 - ここには福音、メッセージ、メディアが入っている

2. パウロ ― 以降のことを見て3つのことをした


「ただ」だけを語った - 福音

会堂を訪ねて行った - 会堂はメッセージを宣べ伝える最も重要な道であったため、パウロは働

3. ルター、カルヴァン

1) ローマ 1:16-17 「ただ福音、ただ信仰によってのみ生きる」とし、聖書を翻訳した。

2) カルヴァンは神学的に確立した。ある意味ではメッセージとも言える。

3) 政治的に安定していなかったことを活用しながら世界福音化の大きな門が開かれた。

▣ 結論_ 今の時代のメディア

▷ 公礼拝の時を避けて、平日に特別な名前をつけて非対面で 「教会」を立てて礼拝を捧げなさい。聖日には自分の教会の講壇のメッセージを聞きなさい。

月曜教会 (非対面で礼拝)

未来教会 (火曜礼拝)

専門性のある教会 (日にちを決めることなく状況に従って捧げる礼拝)
Scroll to Top