文書資料

2021.10.23 伝道学 - 伝道者の生活 (エペソ 6:10-20)

文書
Date
2022.01.29
Views
1499
1.24祈りの生活-答え

神様が私たちに同じ24時間を与えられた。私たちは24祈りの生活が伝道者の生活だ。24祈りの生活とは、すべてのことに答えを見つけるということだ。悩み、考えを多くするのではなく、みことばの中で答えを見つけるのだ。

2.25祈りの生活-神の国

25祈りの生活は、待つ、ということだが、ただ待つということではない。神の国、答えが臨むのを待つのだ。

3.永遠の祈りの生活-空前絶後

みなさんにだけに与えられた空前絶後が必ずある。

エペソ6章10節から20節をもって説明する。世の中が知らないことだ。私たちの生活と戦いは、この戦いしかしかない。この暗やみの勢力は明らかにあるが、これと戦うように教えるのは聖書しかない。本論は戦いの話です。

1.24祈りの生活-答え

1) 主権-サタンが、主権を動かしている。

2) 力—サタンが力ある人を動かしている。それゆえ、戦争が起こる。祈りで縛り上げなければならない。

3) 天にいるもろもろの悪霊-たくさんの変な宗教を作り出す。

4) 暗やみの世界の支配者たち-各種の犯罪行為を行う。

2.25祈りの生活-神の国

1) 救いのかぶとをかぶり-救いの確信

2) 胸には正義の胸当て-平安

3) 大盾-信仰

4) 剣-みことば

5) 履物-身分

3.永遠を味わう祈りの生活-空前絶後

1) 御霊によって

2) 絶えず目を覚まして祈り

3) 武装した戦士
Scroll to Top