文書資料

2021.11.13 伝道学 - 伝道者の内面(ガラ 2:20)

文書
Date
2021-11-13
Views
662
伝道者の活動も重要だが、伝道者の内面がより重要だ。それゆえ、パウロは受けた恵みをこのように告白した。「昔、滅亡するしかない私は死んでもういない。十字架で、 今はキリストが私の中に生きておられるので、私がその中に生きる生活だ」このように、受けた恵みを告白した。


▣ 序論-祈りの答えを受けるように、正しい祈りができるように助けなければならない。


9つのセッティング

この祈りを正しくすれば、「神様が私とともにおられるのだな」この答えが来る


▣ 本論-答えを受ける祈りができるようにしなければならない。

1. 内面から生かさなければならない。

1)創1:27

2)創2:7

3)創2:1-18

(この祈りを実際的にできるように助けなければならない)

▷ この祈りを一度してみなさい。本当に私は、主の聖霊が私の考え、心、私の中に臨むように祈る。すると、みことばを悟らせてくださり、忘れた部分も思い起こさせてくださる。(ヨハ16:13、14:26)

2. 出エジプト時代(崩れた状況)

1) 本論1を味わうように三つの祭り(キリスト、神の国、ただ天国の背景)

2) 幕屋中心

3) 契約の箱-約束中心に生きるようにされた。

▷ これが荒野40年を通過させられた理由。理解すれば崩れた状況に勝つようになる。

3. バビロン時代(放棄状態)

1) ダニ1:8-9、6:10 神様が与えられた本来の祝福を味わう決断する時間だけあれば良い。契約を握って祭壇を築けば、すぐに答えが来る。

2) ダニ3:8-23

3) ダニ6:10-22

4. ローマ時代(だまされる状態)

1) マタ16:16 この部分が

2) ガラ2:20 このようにならなければならない

3) Ⅱコリ5:17 そうすれば、私が完全に再創造される。


▣ 結論-このとき、正しい伝道ができる(証人)

▷ 私たちが9つのセッティングの祈りによって内面から生かす祝福を味わえば、崩れた状況、放棄状態、だまされる状態も神様が回復される。みなさんが9つのセッティングを知っているが、私の内面に受け入れない。私たちには、二つの生命線がある。体を生かす呼吸と霊を生かす祈りだ。この二つをどのように24するかが鍵(KEY) だ。
Scroll to Top