文書資料

2021.12.11 伝道学 - 崩れた子どもの学校を生かしなさい (ヨハ21:15-18)

文書
Date
2021-12-11
Views
771
崩れた子どもの学校を生かさなければならない。すでに、胎児の頃から霊的なものが伝達され始めるので、胎児から大学まで。イエス様が「わたしのために泣くのではなく、あなたの子どもたちのために泣きなさい」と言われた。復活されてからもペテロに3度も小羊を飼いなさいと言われた。


▣ 序論_ 2020年

1. 237、Healing、Summit-Document(237、いやし、サミット -資料)

237か国をいやさなければならない。レムナントたちはサミットにしなければならない。これが聖書の主題だ。ここに関する本格的な資料を準備していくつもりだ。

2. Church System(教会システム)

3段階、3システムに対する教会システムを行っていく

3. Church School-Specialization(教会学校-専門化)

レムナント教会学校を専門化させなければならない。なぜならば、親たちはどうすれば良いのか分からずさまよっていて、子どもたちは何もわかっていない。だから、教会が責任を持たなければならない。


▣ 本論_ Duty(使命)

1. 日曜学校(Sunday)

1) 礼拝

2) 祈り

3) キャンプ

2. 土曜学校(Saturday)

3つ-未来キャンプ、祈りキャンプ、タラントキャンプを正しくしなさい

3. 毎日学校(Day)

Fact(事実)-幼稚園、子どもの家、宣教院をより専門化、具体化、事実化させること

子どもたちの助けになる。


▣ 結論_ Spiritual Wars(霊的戦争)

▷ 完全に霊的戦争だ。すでに宗教団体は内容があるものを始めていて、専門的に入り込んでいる。みなさんで充分。福音で充分。

▷ 祈りながら来年を準備しなければならない。世界化ができてこそ、世界福音化ができる。世界に出せるシステムを作っておいてタウン集会に入る。大きなところで集まるのは一日で充分だ。残りはみことばが入っていて、多くのことが適用されなければならない。この1か月間、みことばが出てくるものを保管しておいて、チェックしなければならない。宣教地域では、本部と同じシステムを作って本部化させなければならない。
Scroll to Top