文書資料

2022.1.22 核心 - 2月学院福音化

文書
Date
2022-01-22
Views
1011
▣ 序論_ レムナントが先に心に留めるべき3つ


祈り—3、9、3呼吸(吸う息)-脳、たましい、御座(力)

 三位一体の神様(3)の5力と御座(9)、3時代が思い出すくらい、ゆっくりと呼吸しながら祈りなさい。すると、脳もよくなる。これが、たましいが力を得る一番正確な方法あり、御座の祝福を味わう一番はやい道である。ここでものすごいエネルギーと力が生じるのである。

メモ‐みことば、祈り、伝道(職業)(答え)

 みことばと大きな答えをメモするべきだが、文字で書かなくてもよいメモをしなければならない。

 ヨセフが亡くなった母親に会いたくなったとき、いつも祈る中で世界福音化のビジョン(みことば)を握った。これがいつも祈りにつながって、奴隷として行くようになったときに「世界福音化と奴隷」、ポティファルの家に行ったとき、「世界福音化とポティファルの家」。このようにみことばと事件が続けてつながり(メモ)、それにより24となるのだ。伝道は、みなさんの職業が伝道に用いられるため重要である。このとき、実際的な答えが見える。

未来=場、時刻表=征服の座

 すると、必ず未来が見える。みなさんの現在いる場、今、みなさんの時刻表が征服の座となる。ヨセフは奴隷、監獄に行ったがそこが征服の座であった。


▷ こうなると終わりだ。これができない人は恵みによって救われたが、味わえずにこの地で右往左往する。神様が私たちにくださったことは、私たちとともにおられることと、みことば、祈り、伝道である。神様が今なさっていることは、みことば成就、祈りの答え、救いの働きである。これが私の人生にメモとなるなら、力と答えが来て、自然に未来が見える。すると、私の考え、私の主張、私の計画も必要なくなる。揺れない。これができないのは、祈りも福音も分からないのだ。福音を分かるなら、すべて出てくるようになっている。


▣ 本論

1 ペリシテをあらかじめ征服したサムエル

1. 祈りを通して起こったこと

2. 征服(Ⅰサム3:19)-あらかじめ征服した。サムエルがすでに未来を見た後にサムエルのことばを一つも地に落とされなかったとある。その当時、契約の箱を奪われた。幼いサムエルの祈りによって契約の箱が戻ってきた。みなさん一人の祈りによって。

3. 業績‐ついてくることだ。すべての民が偶像を捨てて神様に戻ってくるミツパ運動が起こった。サムエルが生きている間は戦争が無かった。ダビデを見つけ、油を注いだ。

2 世界をあらかじめ征服したダビデ

1. 羊飼い(詩78:70-72) - 羊飼いで寂しいかのように見えるが、神様は王となる準備をさせたのだ。

▷ レムナントは家庭環境が良くなければ良くないほど良い。これがすべて指導者として育てることだ。そこに傷を受けて陥らなければ良い。

2. 油 - 神殿-大祭司サムエルが油を注いで、契約の箱と神殿の話をしただろう。その後からはどんなことが起こっても大丈夫なのだ。

3. 神殿の準備 - ダビデは神殿準備を最初からあらかじめすべて準備を終わらせた。

▷ フォーラムするときに刻印される。声を出して祈ること。みことば読んで私と相手を祝福すること、刻印される。脳、たましい、御座に刻印される。一番刻印がはやいのが呼吸だ。

3 あらかじめ征服したエリヤ

1. エリヤ‐田舎の人であった。

2. 錯覚‐ホレブの山-エリヤがカルメル山で勝利したが、あまりにも苦しみがくるのでしばらく錯覚をした。このとき、神様がホレブ山に連れて行き、アハブ王を変えること、7千人の弟子が残されていること、エリシャを見つけ立てなさいという情報をあらかじめすべてくださった。

3. 征服‐すでにホレブ山でアハブ王とアラムの征服を終わらせたのだ。

御座の祝福、霊的軍勢‐今もこれ(序論)しなさい。すると御座の祝福(聖書で一番重要な祝福)が来て、神様が遣わされる霊的軍勢が動員される(私たちが祈るべき理由)。そのため、この(本論)答えがすべて来る。

4 あらかじめ征服したエリシャ

1. 悟り - エリシャはこの部分(序論)をたくさんの事件を見て、あらかじめ悟ったのだ。

2. Ⅱ列2:9-11(霊の二つの分け前)-長子の権利のことを言う。これを受けた。すでに征服したのである。

3. ドタンの町‐100人の預言者を隠しておいた。7千人の弟子が起こったので、ドタンの町運動が起こったのである。


▣ 結論_このときに起こること


3キャンプ、3セレモニー、3灯台 - 3キャンプ(ただ、唯一性、再創造)、3セレモニー(成人式、使命式、派遣式)、3灯台(Platform、Watch Tower、Antenna)が出てくる。

CVDIP - これが作られる。

All - すべてがCVDIPの答えである。すべてがカヴァナント(Covenant;契約)とつながる。すべてが合わさってビジョン(Vision)を成す。すべてがドリーム(Dream)、すべてが神のかたちを成すイメージ(Image)、作品(Practice)にすべて変わる。そのため感謝が出てきて、余裕が生じる。


▷ 答えを待たずに無条件これ(序論)をしてみなさい。世界を征服する座にいるだろう。放送で見ている方々、メッセージが自分のものになる時まで、続けて聞いてみなさい。すばらしい答え見るようになるだろう。このようにして、全世界のレムナントが同時に起きるのだ。それが世界福音化である。
Scroll to Top