文書資料

2022.01.29 産業宣教 - 産業人ヤコブの24 (創32:23-32)

文書
Date
2022-01-29
Views
538
産業人、重職者の方々が必ずしなければならないことがある。教会で
ささげる礼拝、重職者という職分、本部で受ける訓練には神様の計画
がある。
▣ 序論
「単語」「文章」 - 一週間
主日の説教まで聞いて、一単語もしくは一文となるように要約をすれ
ば良い。これをもって一週間祈り続けるのだ。
未来 – 答えとは関係なく、ずっと流れに乗りなさい。すると、み
なさんに未来が見える。
受容 – このとき、注意すべきことが一つある。違うこと、間違った
ことも受容してこそ、より正確な未来が見える。すべてのことを受
容することができないのであれば、教会を生かすことは難しい。
▷ メッセージを聞く方法を説明したのだ。流れは早くキャッチしなけ
ればならない。聖日、みなさんの講壇を聞いて最後の結論を下し、
一単語もしくは一文でまとめなさい。答えとは関係なく持続しなさ
い。時代を変える作品が出てくる。
完璧な準備 - 神様が産業人のみなさんを召されたとき、すべての
ことを備えられた。
「ヤコブ」 - 産業人ヤコブについての24を見る必要がある。

▣ 本論
1. 選択 (創25:23) – 産業人ヤコブを召されたとき、すでに神様は選
ばれていたのだ。
1) 創25:22-26(双子) – 双子として産まれながら始まった。
2) リベカ(契約) – リベカはヤコブに対する契約を知っていた。
3) 煮物 – 煮物の事件で長子の権利を奪いもした。
4) 祝福 – 父親をだまし、祝福を受けもした。
5) 逃亡 – ベテル – 逃亡しながらベテルで神様が契約を再び知らされた。
▷ 神様が産業人ヤコブを召された時から完璧な準備をしておいて召さ
れたのだ。ヤコブが揺れた時は、受容ができなかった時だ。
2. 財産 – 神様は世界福音化をしなければならないため、産業人ヤ
コブに多くの財産を与えられた。
1) 20年(創30:1-24) – ラケルを得るために20年かかった。
2) 多くの富(創31:17-21) – 多くの富を得た。すでに神様がヤコブを
用いようと定められていたのだ。
3) 帰郷(創31:25-42) – ラバンにわからないよう、だまして離れるよ
うになった。
3. ヤボク川 – 神様がすでにヤコブを世界福音化するように選択さ
れ、完璧な準備をされたことをヤコブが体験するようになった。
1) 贈り物(創32:13-21) – 兄に贈り物を先に送った。
2) 御使いと格闘 – 軍隊を引き連れてきた兄の知らせを受け、一人
でヤボク川のほとりで祈り始めた。
3) イスラエル(創32:26-32) – 神様が下さった名前で、多くの人、神
様と戦い勝ったという意味だ。世界を生かし、神様の計画を握
って神様の答えを受ける祝福をくださったのだ。
12部族 – ここでヤコブが12部族を成すようになる。
▷ なぜ遅くに見つけたのか。世の中の方法を用い続けたため。いつ見
つけたのか。ヤボク川で神様の方法の前でひざまずいたとき、神様
はイスラエルという約束を下さった。何を見つけたのか。

▣ 結論_ 名前(24、25、永遠ということ)
24 – 名前を変えたというのは、24だ。
25 – これから来る答えは25だ。
永遠 – 残す作品は永遠だ。
▷ ここからいやし、答え、力、すべてのことが始まる。
Scroll to Top