文書資料

2022.01.29 核心 - 私を生かす集中(使1:1-8)

文書
Date
2022.02.08
Views
1212
 「私を生かす集中」- 今日は、私たちの全国・世界の伝道者の方々
に一番重要なメッセージの中の一つである。これだけ成り立つなら、
遅いことが一番はやい道となる。上手くいかないことが答えの道とな
る。私を発見する福音的な方法が出てくるようになる。

▣ 序論_ 3、6、11 目に見えないこの部分は
1.良いことのように - 良いことのように近づいてきている。
力があるように - 目に見えて現れるときは、力があるかのよう
に見える。
文 化 - 答えが来るときは文化で現れるため誘惑されやすい。
2.私を見つけること - 宗教は私を見つけることと出てくる。
3. 暗やみ世の中 - なので全世界は、日が経つにつれ発展しながら
暗やみ世の中に覆われていっている。
1)精神病  2)中毒  3) がん

▣ 本論_神様が与えられた私を生かす集中
1.創1:27を生かしなさい
▷ 私の中には獣にない神様が造られたかたちがある。
1) 創1:2-3 暗やみの中にいる私たちに光を照らす祝福を受けなさ
い。これを受けることが祈りであり、いやしであり、力である。
2) 創1:27 このときに、神様のかたちが生き返る。
3) 三位一体 - 三位一体の神様の力が私たちの中で働く。
2.創2:7を生かしなさい
1) 創2:1-7 私たちにいのちの息を吹き込まれた。
2) 創2:8-16 私たちが生きることができるようエデンの祝福を備
えられた。
3) 創2:17-18 征服して治める力をくださったが、すべて奪われ
た。
3.使1:1-8 完成されたことである。
▷ この答えをキリストが来られ、直接もう一度説明された。
1) 三位一体神様 - キリスト、神の国、聖霊がすべて入っている
2) 神の国-こと(40日)- 一番のKeyとなるこれを40日間説明され
た。ここにすべてのいやしが、すべて起こり、すべての力とす
べてのミッションをすべて回復した。
3) 力—証人 - 上から与えられる力によって、あなたはこのことの
証人となる。
▷ 私を生かすことが一番重要である。これが祈りの始まりである。こ
れを伝達することが祈りの過程である。創1:27、創2:7、創1:1-8が
できていない。この祈りをすればよい。

▣ 結論_ 私を生かす7つ
1.みことば - 一文章24
 みことばによって私を生かす、方法は一週間のメッセージを一文章
や一単語に要約しなさい。要約する習慣24となる。メモしておいたこ
とを全て捨てるな。これが全体の時代の流れを逃さないことだ。
2. 祈り—考え、見ること、聞くこと、感じること[いやし—
力]
 祈りで私を生かす方法は、私の考え、見て聞くこと、感じることを
祈りに全て変えることだ。ものすごい、刻印、根、体質となる。一番
先に来るのがいやしである。いやし、すなわち、力である。これは、
私と世界に対する神様の契約を逃さないことである。
3.教会—カルバリの丘、オリーブ山、マルコの屋上の間
 教会で起こるすべての事を判断せずに、3つだけ味わいなさい。私は
カルバリの丘の契約を持った者だ。私はオリーブ山から派遣された者
だ。私はマルコの屋上の間から世界に派遣された人物である。これを
するとき、神様が働かれるため、待ちなさい。
4.職業 - 3キャンプ
 いつも「ただ」が発見できるよう未来キャンプをしなさい。いつも
唯一性が来るまで祈りのキャンプをしなさい。いつも再創造が見える
までタラントキャンプをしなさい。
5.RT - 3セレモニー
 レムナントに生涯のタラントを見つけてあげる成人式、レムナント
に生涯の専門性を育んであげる使命式、生涯の現場を見るように目を
開いてあげる派遣式
6.伝道(宣教)-プラットフォーム、Watch Tower、アンテナ
 私をプラットフォームとしなさい。私をWatch Towerとしなさい。
私を、霊的に疎通させるアンテナとしなさい。これ(本論)だけ味わ
っているなら来る。 
7.いやし—深い祈り
 本当のいやしは全ての焦りを捨てて余裕を味わう深い祈りである。
▷ 結論1~3ができるなら、自然とついてくる。これがみなさんの存在
理由だ。この2つ(結論1~2番)を持って、教会にいくこと(結論3
番)である。残りはついてくる。すべての精神病の始まり、紛争の
原因が焦りである。神様はあなたを祝福されるのに待てずにしてし
まうことが焦りだ。7つは私を生かす道である。
Scroll to Top